事業戦略/薬事戦略について

それぞれの企業や組織では同じような悩みがあっても、必ず背景や解決の方向が異なります。

「構想はあるのになぜか万事遅い」

「開発計画があっても今一つ遅れる」

事業化を進めていると、携わる人たちや関係会社あるいはチーム内でも専門領域やバックグラウンドは異なります。

全てを円滑にこなせるマネージャーも少なくありませんが成功モデルは真似できるものではありません。

私たちは一緒に取り組むことであるべき姿を取り戻す伴走型の支援を提供します。

このサービスであなたは一緒に活動できるアテンダーを得ることでマネジメント誤差を解消できます。

大手コンサルティング会社や技術派遣会社にはない、

現場で一緒に解決にむけて伴走し、将来は組織ノウハウとして蓄積される

ことを第一義として活動します。

このページはこれまでご依頼頂いたお困りごとや活動内容を抜粋してまとめています。

事業マネジメント(研究開発型-シーズ保有組織の場合)

”何から進めればいいのかしら?” ”共同開発や連携をしてもお互いにちぐはぐな感じ”

”頭ではわかっていてもなかなか進まない・・・”
モノづくりやコトづくりはステージに応じて様々な取り組み方があります。

お困りごとやご要望をまずはお聞かせください。

​私たちはじっくりとお話を聞いたうえで適切なノウハウやアドバイスをご提案し伴走型支援を目指します。

​お客様自身のノウハウとして蓄積していただくことを第一義として支援します。

バイオ系技術や薬事戦略など特殊なお困りごとにも技術経営視点でお応えします。

​具体的なサービス例

IVD・医療機器等 ​開発コンサルティングのご案内

>お客様のお困りごと例

・進め方がわからない

・スピードを求めたい

・スキルセットを補いたい

​・ブリッジングしてほしい

>お客様の声

・最後まで面倒見てくれた

・そばにいてくれたので安心した

・スポット人材としてメリット有った

・社員育成としてまた依頼したい

開発マネジメント(産学連携型-シーズ保有組織の場合)

​具体的なサービス例

​<工事中>

”産学連携などでシーズはあっても構想がまとまらない”

”開発計画があるのになぜかいまひとつ遅れる”

双方の理解に1mmでも誤差が生じると新たな社会的価値を創出する以前に技術革新の成功確率が低くなります。

数年後には数mの差が生じてwin-winとはほど遠い乖離が生じてしまいます。

お互いの課題解決を成就し新しい価値を創り出すには、常に「誤差を最小限に抑える」ことが重要です

お困りごとやご要望をまずはお聞かせください。

私たちが一緒に活動し誤差を最小限に抑え、成功へ向けたお手伝いを提供します。

まずはお気軽にご相談ください

メールでいつでもお問い合わせください。

© 2018 -  Brien Group Inc.

本社 | 〒584-0001 大阪府富田林市梅の里2-28-2